Journey

カタール航空 ビジネスクラス 成田-ドーハ QR807

先日、初めて カタール航空 の ビジネスクラス を利用しました。

カタール航空 といえば、本拠地であるハマド国際空港は今や中東きってのハブ空港。

日本からも、 成田 と 羽田からドーハ行きの便が毎日就航していて、ドーハを経由して、ヨーロッパや南米、アフリカ、中東、世界各地に行くことができます。

カタール航空は世界150以上の都市へ就航!


とか、偉そうに語っていますが、私、全く知りませんでした。なんなら カタール航空 の存在すら知っていたような知らなかったような・・・(笑)

姉がイギリスの大学院に1年間通うことになり、観光がてら一緒に行こうと決めたのが出発の直前。

航空券をとったのも出発の10日前くらいだったので、ロンドンまでの希望の直行便がとれず、経由便はどう?となったわけです。

これはドーハからロンドンへ向かうQ-suiteの中から。別記事にします

ロンドンへの経由便を検索すると、大韓航空からエミレーツ航空まで、たくさんの便が。

乗継便ということは当然、移動時間も、機内での時間も直行便より長くなります。
今回は母も一緒だし、あまり体に負担をかけずに快適にロンドンまで旅したい。

機内のサービスなどを色々調べて、候補を、エミレーツ航空、シンガポール航空、カタール航空 、エティハド航空の4社に絞りました。

そこで初めて カタール航空 の存在をちゃんと認識。

普段、機材トラブルくらいでしか経由便を使うことがなく選択肢にもなかったし、
ドバイにはずっと行ってみたいと思っていたものの、計画をたてるまでには至っていなかったので、中東の航空会社にはご縁がありませんでした。

で、調べてみたらカタール航空 ってすごいんですね!(無知でごめんなさい)
っていうか中東の航空会社すごい。

上質のサービス、そしてとてもお得な運賃。
カタール航空で快適な空の旅を。


さすがオイルマネーで潤いまくりの国は違います。

ゴージャス感が桁違い。

中東の航空会社はどこもとびきりゴージャスでしたが、

今回はゴージャス感ではなく、

あくまでも長いフライトを快適に過ごすことができるのが第一。

カタール航空 は2017年、2018年とSKYTRAX(スカイトラックス社)のランキングで世界No1 ビジネスクラス に選ばれているし、(シートもNo1に選ばれています。)

最後はシンガポール航空と悩みましたが、

口コミやブログなどをみても抜きん出たサービスを感じたのと、

なんといっても一度 Qスイート に乗ってみたかった^^

ということで、カタール航空 に決定。

カタール航空の機体(カタール航空 ビジネスクラス)
ドーハの空港は、ぴかぴかで巨大でした。

カタール航空 を利用するなら絶対に乗りたい Qsuite もロンドン-ドーハのフライトで運行していたので、

どうせならすべて別の機材に乗ってみよう。

というチョイスでフライトを選びました。

帰りは羽田着ですが行きは 成田 発のQR807便。機材はB777-900。

カタール航空 の機材の中では古い機材なので、配列は2-2-2。

流行りのスタッガードやヘリンボーンではない分足元広々で、

古くても(と言ってもカタール航空 は機材の使用年数は平均5年だそうです)綺麗で快適でした。

ヨーロッパへのご旅行はカタール航空


機体の入り口で搭乗券をみせると、担当のCAさんが、

「こんにちは、usagi様」

とちゃんとお名前を覚えてくださっていて、席まで案内してくれます。

カタール航空ビジネスクラスのウェルカムドリンク ノンアルコール ライム&ミント(成田 - ドーハ QR807)
カタール航空ビジネスクラスのウェルカムドリンク ノンアルコール ライム&ミント(成田 – ドーハ QR807)

お席につくとすぐにウェルカムドリンク。

私はお酒を飲まないので、シグネチャードリンクだという、ライム&ミントを。

以降、ウェルカムドリンクはライム&ミントを頼み続けました。(笑)

改めて、CAさんがご挨拶。

「本日ご担当させていただくシェリーです。何かございましたら、私にお申し付けください。(にっこり)」

他の航空会社ならファーストクラスくらいスマートな接客。

すっごく丁寧で、とってもニコニコしててやさしくて

しかもめちゃめちゃかわいい。

かわいすぎて目がハート♥♥♥

カタール航空ビジネスクラスのパジャマ White Company(ホワイトカンパニー)

その後いただいたパジャマ(スリッパ同梱)は、ロンドンのWhite Companyのもの。

さっき撮影したのでちょっと着ちゃってる感でてますが・・・

飛行機でもらえるだろうとイギリスにパジャマを持っていかなかったので、滞在中からこれを愛用。

帰国後、父になにもお土産を買ってこなかったので、1セット贈呈(ひどい)

今の季節にちょうどよい生地厚だったので、現在父、母、私の三人で愛用中。

起きるとみんな同じ格好でかなり気持ち悪いです(笑)

カタール航空ビジネスクラスのパジャマ White Company london(ホワイトカンパニー)
洗ったらロゴがちょっと剥がれました(笑)

長距離便なので、メニューは夜、朝、軽食とありました。
メニューの中から好きなものを好きなときに頼めるシステムです。

好きなときに頼めますが、深夜便なので離陸時に夕食のオーダーを取りに来てくださって、離陸後すぐにサーブされました。

食事の前に飲み物。

So Jennyというノンアルコールのシャンパンのようなぶどうジュース。

こだわりのブドウのみでつくってあるって書いてあった気がします。

あまり甘くなくて、シャンパンみたいで美味しくて、これも毎回頼みました。

カタール航空ビジネスクラスのノンアルコールシャンパン So Jenny(成田 - ドーハ QR807)

母は赤ワインを頼んでいました。

私はお酒がほとんど飲めないので、みなさん楽しみにされているお酒のラインナップはちんぷんかんぷん。

ソフトドリンクのパートを熟読していましたm(_ _)m

ドリンクは何を頼んでもてんこ盛りの温かいナッツとともにサーブされます。

テーブルがセッティングされて、リストランテのようにナプキンもひざにかけてくださいます。

まずはアミューズ。

カタール航空ビジネスクラスのテーブルセッティング 夜(成田 - ドーハ QR807)

ラウンジでも少し食べたばかりだし、

夜の洋食メニューのなかから、スープ、メインの代わりに前菜から2つ、デザートから1つチョイスしました。

今考えると、オーダーをとりながらCAさんが若干心配そうな表情をしていたような。。。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 夜 パン3種(成田 - ドーハ QR807)

パンは頼んでいませんが、洋食をオーダーするともれなく3つもついてきます。

まるいのと、フランスパンっぽいのと全粒粉っぽいの。

ちゃんと温かいです。

続いてスープ。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 夜 スープ(成田 - ドーハ QR807)

緑色の、お豆のスープ。なんのおマメかは忘れてしまいました。

ちゃんと美味しい〜。

いただくうちにふと気づきました。

おや?減らない。

すくってもすくっても減らない。

ポーションがすごく大きいんです。

やっとスープを完食して前菜1つめ。

フムスが大好きなので、本場のフムスを食べられる機会を逃すわけにいきません。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 夜 前菜 フムス(成田 - ドーハ QR807)

ということでフムスを頼んだら、どーん。

3つもついてきた。

しかも1つ1つが器にぎっしりつまってすごいボリューム。

ピタパンも4枚もついてきた。。。

いや、パン3個もあるのに(汗)

残すのは嫌なので気合で完食。


すでにお腹いっぱいだけど、

にこやかに次のお料理を運んできてくれたシェリーさん。

次はメインの代わりに選んだ前菜その2

ズッキーニとトマトとチーズとお野菜の・・・なんだったか、おいしいの。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 夜(成田 - ドーハ QR807)

美味しいんだけれどこれまたボリューム満点。

これ絶対前菜じゃない。

とにかく完食。

お皿を下げながらシェリーさん

「お味はいかがでしたか?すぐにデザートをご用意しますね(にっこり)」


・・・。


申し訳ありません(涙)

もう胃が喉まで膨らんでます。

「ごめんなさい、もうお腹いっぱいで・・・ここで終わりで大丈夫ですか?」

「デザートはお持ちしなくてよろしいですか?もちろん全然問題ありません。それでは何か食後のお飲み物をご用意いたしますか?(にっこり)」

全てにおいてパーフェクトなシェリーさんです。


ちなみに母は、和食を頼んでいました。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 和食 夜(成田 - ドーハ QR807)

和食はワンプレートで。
手前の竹皮の包がごはんです。

和食もとっても美味しかったそうです^^

カタール航空ビジネスクラスの機内食 和食 夜 2(成田 - ドーハ QR807)

母の食事が終わると天使のシェリーさんは、

「食事に何かデザートをお持ちいたしましょうか?アイスクリームはいかがですか?(にっこり)」

と、聞いてくださり、母はアイスをお願いしました。

アイスクリームもANAのようにカップでは出てきません。

ストロベリーが添えられた美しい盛り付けで。

奥の箱はGODIVAのチョコで、これはどのフライトでもいただきました。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 アイスクリーム(成田 - ドーハ QR807)

食事が終わってしばらくするとシェリーさんが、

「もしお休みになるようでしたらすぐにベッドメイキングをさせていただきますが、いかがいたしますか?(にっこり)」

といらっしゃったので、お願いしてベッドパットを敷いていただくと、

「ご朝食のお時間にお休みになっていたら起こして差し上げたほうがよろしいですか?それともそのままおやすみなりますか?」


ギリギリまで準備をしていて寝ていなかったので、そのまま寝かせておいてとお願いしてフラットシートで熟睡。

すっきり起床すると、あっという間に到着まで2時間半。




起きてしばらくするとすかさず、

「なにかお飲み物をご用意しますか?」

飲み物をいただいてしばらくすると、

「お食事はお召し上がりになりますか?」

一度も呼び出しボタンは押していません。

至れり尽くせりです。


ほんとはまだお腹いっぱいだけど、いただきます(笑)

夜の食事を教訓に、軽食からガーデンサラダをチョイス。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 ガーデンサラダ 朝(成田 - ドーハ QR807)

サラダにかけるオリーブオイルは、バルサミコとガーリックとあともう一つ忘れましたが3種類から選べます。

私はバルサミコ大好きなので、バルサミコ。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 ヨーグルト グラノーラ 朝(成田 - ドーハ QR807)

洋食メニューからヨーグルト。
グラノーラをちらして、下にベリーのソース入りです。

パンは食べ物を頼むともれなく3つプレゼント!らしいです。

朝はクロワッサンとドライフルーツの入ったデニッシュとまあるいパン。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 フルーツプレート 朝(成田 - ドーハ QR807)

洋食メニューからフルーツ。

お腹いっぱいとかいいながらやっぱり結構食べるよね〜。

母は先程の和食が美味しかったらしく、朝も和食を頼んでいました。

カタール航空ビジネスクラスの機内食 和食 肉 朝(成田 - ドーハ QR807)

夜がお魚だったので今度はお肉にしたそうです。

美味しかったと言っていました。

おやつに母はこんなものも頼んでいました。

ベリーミックス?

カタール航空ビジネスクラスの機内食 軽食 ベリーミックス(成田 - ドーハ QR807)

食事が終わるとあっという間にドーハに到着。

ドーハはまだ夜中です。

カタール航空 ビジネスクラスの機内から

CAさんのおもてなしがパーフェクトすぎて、はじめて利用したカタール航空 の印象は最高。

正直、こんなに期待以上に快適に過ごせるとは。
最後まで飛行機というよりホテル気分で過ごせました。

さて、次はドーハのラウンジで3時間過ごしたあと、
楽しみにしていた Qsuite (ドーハ→ロンドン)です♥

機内サービスも大満足の カタール航空 ビジネスクラス ですが、

なんと、ドーハ⇒羽田便(QR812便)を利用の場合、帰国時に使用できるタクシーチケット(上限2万円)をもらえるキャンペーンも開催しています。


羽田おかえりなさいキャンペーン


私ももちろん利用させていただきましたが、快適な空の旅の後、

羽田からお家までピューッと、しかも無料で帰ってこれるのは最高でした^^

しかも、一人上限2万円のタクシーチケットがもらえるので、

家族やお友達と一緒に帰れば、2万円を超える場所だってOKです。

羽田から少し離れた都内近郊に帰るのにも十分。

飛行機が遅れても終電を気にする必要もありません。

さすがの太っ腹企画です。

しかも、11月16日からは、 成田 − ドーハ 便でもついに、 Qsuite が導入されるそうですね!

もう無敵ですね。もう絶対に次の旅も カタール を選んでしまいそう。

私が乗った9月はまだ 成田 からは Qsuite が導入されていなかったので、ドーハ−ロンドン便で Qsuite に乗ってきました♪

ドーハ到着後、ロンドンまでの カタール航空

ビジネスクラス Qsuite の様子はこちらから↓

よろしければ、ポチッと応援クリック↓していただけたら、励みになります♡

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

Comments are closed.