Appliances Interior Lifestyle Livingroom

ロボット掃除機 コーボルト VR200 が優秀すぎてお掃除はおまかせすることにした

我が家の ロボット掃除機 は、ドイツ、フォアベルク(VORWERK)社の コーボルト VR200 というモデルです。

“ロボット掃除機 のベンツ”とも呼ばれているらしいこの掃除機。とっても賢い子で、昨年12月から使い始めて、もうすぐ2ヶ月ですが、家族全員でいまだに感心しています。


ロボット掃除機を使い始めたのはまだ最近で、去年の秋頃から。リフォームをしてバリアフリーになったのを機に使い始めました。

初めて選んだのは、発売されて間もないエレクトロラックスのPure i9というモデルでした。

あ、この記事は、ロボット掃除機を購入するときにほとんどの人が検討するであろう ルンバ ではなく、ちょっとマニアック?なロボット掃除機の比較になっております。予めご了承ください(笑)

エレクトロラックスのロボット掃除機Purei9


Purei9を使い始めて数日。
たまに同じところをぐるぐる、犬のおしっこみたいに回っちゃってたり、ホームに戻れなくて迷子になってたりしても、なんせ初めてのロボット掃除機なので普通が分からず。

我が家は扇形のようなちょっと変わったカタチをしているので、慣れないと人間でさえ迷子になりやすいし、
ロボットだってまだまだ発展途上だからこんなものでしょ、と、それでも十分満足していました。

何より一生懸命お掃除する姿がかわいくて、どこいくの?いい子だねぇ〜と話しかけながら眺めていました(笑)

ところがある日、レーザー部分の部品がポロッと外れてしまい、修理に出すことに。
その時に同じところをぐるぐる回ったり、たまにホームに帰れないで迷っていることがあるということも伝えました。

数日後、「おかえり〜」と修理から戻ってきた箱を開けると、

あれ?うちの子じゃない(笑)

きれいにパッケージされた新品のPure i9が帰ってきました。

修理内容をみると、「点検結果:不具合を確認、対処:本体交換」

なーんだそうだったのね。やっぱりおかしかったのね。
とそこでようやく不良品だったと気づく。(簡単に騙されるタイプ)

エレクトロラックスのロボット掃除機Purei9-ホーム帰還中

早速動かしてみると、動きが今までとぜんぜん違う!なにこれ(笑)

お部屋を分割して、分けたエリアの外回りからぐるぐると中にうずまきを描くようにお掃除するという、Purei9の特徴である動きを初めて見ることができました。


ちょっと!天才が来たよ!


と、喜んだのもつかの間。
何日かするとまた動作がおかしくなってきてしまい…。

助けを求めて連絡したサポートの対応はとても親切で、丁寧にアドバイスをいただいたのですが、何をしても改善されず。
3回に1回はホームに戻れないほどにどんどん悪化していきました。

もしかして、Purei9は我が家には合っていないのでは?

真相を明らかにすべく、とりあえず他のロボット掃除機のお試しをしてみることに。

我が家では、使ったこともないくせになぜかルンバの人気が低く(これだけ圧倒的なシェアなのできっと優秀なはずです)


以前から気になっていたけれど電気屋さんでお取り扱いがなかったので諦めた ロボット掃除機 、コーボルト VR200 をレンタルしてみることに。

届いた コーボルト の ロボット掃除機 VR200 を開封
これはレンタル品ではなく、購入したものです

代官山のショールームまで行くと無料でレンタルできるようですが、面倒だったので(笑)有料のレンタルを利用しました。

丁寧なご連絡をいただき、すぐに到着。

Purei9と比べると大きくて、ずっしり。
いかにも”ドイツ”って感じで、品質の良さが伝わる質実剛健な雰囲気。

早速動かしてみてびっくり。

こ、これは…!?

こいつが本物の天才や!

えらいのがきてもうた〜!(誰)

シンプルで美しくいかにも丈夫そうな コーボルト の ロボット掃除機 VR200

お部屋を少しずつ分けてお掃除するのはPurei9と一緒ですが、コーボルト VR200 は端から往復しながら規則的に動きます。

我が家には普通の四角形の部屋がないので規則的な動きは難しいんだろうとすっかり思いこんでいたのですが、
コーボルトはそんな何の問題もございませーん、って雰囲気でスルスルと、自分でルールを決めて進んでいきます。

このコーボルト VR200にはなんと14種類ものセンサーがついているそうです。

お部屋の上方をスキャンして空間を認識しているするロボット掃除機が多い中、VR200は床から9cmくらいの場所を見ているのでものにぶつかりにくいんです。

進む先にテーブルや椅子の脚があっても、ぶつからずにくるりんとダンスのように優雅な動きで交わして、元の動線に戻ると、すいーっとまた直進していく姿は感動もので、「す、すごいね」って母と顔を見合わせて感心してしまいました。

テーブルの脚もぶつかることなくくるりとかわす コーボルト の ロボット掃除機 VR200



どっしりと構えて焦らずゆっくり進む姿は威風堂々。

ちょこちょ忙しそうに動いて、たまに迷っちゃっておろおろしていたPurei9が逆に可愛く思えてくるほど(笑)

コーボルト VR200をみていると、あまりに迷いのない動きに

「お掃除していただいちゃってすみません。よろしくお願いいたします。」

って、何だか”お掃除していただいている”気持ちになります(笑)

コーボルト の ロボット掃除機 VR200 のホームは家具の下でもOK
家具の下でも無問題で帰還します

ホームはとりあえずTVボードの下に。
上部の隙間は説明書に記載されている30cm以上もありません。15cm足らずでしょうか。
でも全く問題なし。

ホーム帰還率は堂々の100%。
しかもお家への帰り方がとっても賢くて、来た通りの道を迷うことなくすぃーっと戻って行きます。

この動画をみればVR200の特徴がわかります

こういう動画って、デモ的な動きだろうと思っていて、この通りには動かないだろうなってあんまり期待しないんですが、本当にこの動画の通り動きます。
びっくりだ。


しかし、こんなに違うものだとは思わなかった…。恐るべしドイツブランド。

我が家にはコーボルトのほうが合っているみたい…。
でもPurei9にもすでに愛着が湧いているし。
どうしよう。と悩み始める。

Purei9にも良いところが沢山あります。

コーボルトもPurei9も物にぶつかりにくいのが特徴ですが、全くぶつからないわけではなく、
例えばキャスターが付いていて床と底面に少し隙間が空いているものなどはコツンと軽く触れて、そこに物があることを認識します。

コーボルトは本体の重量が重く馬力もあるので、軽く当たっただけでも当たったものを動かしてしまうけれど、Purei9は軽いので当たったものを動かすことも、床においてあるものを動かすこともないし、カーペットをめくりあげてしまうこともありませんでした。

コンパクトで小回りがきいて、動きも素早いし、お部屋の本当に際までよく掃除してくれるとても働き者の良いロボット掃除機なんです。

小さな体なのに吸引力だってコーボルトに引けを取りませんでした。ただ、軽い分音が響くのか結構な音がするので、外出中のお掃除がおすすめ。

実際、Purei9を購入した電気屋さんにこの経緯を話したら、Purei9は他のロボット掃除機を発売しているメーカーの方達がみんな、このロボット掃除機にはかなわない、というくらい本当は優秀なはずなのだそう。

我が家はたまたまPurei9にとってあまり得意でない条件が重なってしまっていて上手に動けなかったのかもしれません。

見た目もさすが北欧メーカー、高級感溢れていて、コンパクトなので置いてある時に場所も取らないし、お掃除する場所にあっていれば、エレクトロラックスのPurei9も、良いロボット掃除機なのです。



そんなこんなで、少しだけ悩んだものの、これから毎日お世話になることを考えると、家族会議の結果、全員一致でコーボルト VR200を我が家に迎えることになったのです。


2ヶ月使ってみて。

やっぱり正解でした。

前は、あそこやり残してるな、とか今日はあっちは行かないのかな〜とか、動向の様子をうかがっちゃっていましたが、今はスタートボタンを押したら、じゃあよろしくね〜。と安心して任せることができて心に安らぎが(笑)


本当に賢いです。コーボルト VR200

ロボットがロボット掃除機VR200に恋をするムービー。可愛すぎます



と、さんざん褒めまくりましたが、悲しいお知らせ。

実はこの コーボルトのロボット掃除機 VR200 というモデルは 、現在の在庫のみで国内での販売は終了の予定なのだそうです。

本国やヨーロッパではすでにVR300という新しいモデルが出ているためだと思いますが、ニューモデルの日本での発売はまだ未定だそう。

新モデルのVR300は、VR200についているリモコンがなくなって、操作をスマホで行うようになったようです。

液晶画面も必要なくなりトップのデザインが少し変わりましたが、その他の仕様や能力は、VR200とほぼ同じでした。

それだけ完成された、直すところのないよくできた製品なのでしょうね。

発売されてから何年も経っていて、他のメーカーからもどんどん新しいモデルが発売されているというのに、すごすぎる。
でも納得。

コーボルト の ロボット掃除機 VR200 は本体に液晶画面があってわかりやすい

私は購入する際に新モデルが発売されていることは知っていたけれど、VR200が欲しかったのであえて新しいモデルの販売を待つことなく購入に踏み切りました。


個人的にはスマホだけで操作するより、リモコンや液晶画面ついている方が何かと便利だし、わかりやすいし今のままで良いと思ってます。


コーボルト の ロボット掃除機 VR200 はリモコン付きで便利
あるとなにかと便利なコンパクトなリモコン

しかも、実はVR200もソフトウェアをバージョンアップをすることでスマホ操作ができるようになるんですよ。

ただ、スマホ対応にするにはバージョン2.0以上のアップデートが必要で、ヨーロッパのサイトでは、2.0以上のファームウェアが公開されているのですが、日本の公式サイトではなぜか、1.7.5までしか対応していないようです。

私はPurei9もスマホで動かしていたし、途中でなにかに引っかかったり不具合があった時にスマホにお知らせしてくれたり、出先から動かせるのは便利に感じていたので、スマホ対応にしたい!と自己責任でアップデートしちゃいました。

長くなってしまったので、アップデートの方法と、スマホでの操作についてはまた次の記事で詳しくお伝えしようと思います。


現行モデル、 VR200 の購入を検討されている方は、メーカー在庫限りなので早めの購入が良いかもしれません。


ペットが欲しいけれど、外出が多く動物を飼うのは難しい我が家。
ロボット掃除機のお掃除姿は、なんとも健気で愛らしく、もはやペットと化しています^^

ゴハンもあげなくて良い上に、おうちをきれいにしてくれるペットなんて最高です(笑)

よろしければ、ポチッと応援クリック↓していただけたら、励みになります♡

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

スマートコンロ

最近 ガスコンロ を ノーリツ(ハーマン)のビルトインコンロ 「スマートコンロ」 に交換しました。 デザインも…